KXRCEJpj[

菅剛史

2014…いつもより長い夏

たまには小洒落てエッセイストを気取った文体にしてみました。
ご一読を…。

8月…
三年ぶりの家族旅行はかなり前からハワイと決めていた。
子供が高1と中1。もしかしたらこれが最後の家族旅行になるかもしれない。
自分たちの頃を思い出してもそれぐらいで“卒業”していたハズ。
ダブルベッドに息子と二人で寝ていると、
どうにも落ち着かず寂しい気持ちになってくる。

そして気になるのはお台場のGCCXイベント。
夏の旅行を決めた時から重なる事を危惧していたがドンピシャ。
仕方ない。ワガママを言わせてもらう。
イベントはうまくいったと聞き、安堵と共に寂しさも…。
勝手な感情である。
とはいえハワイ島で夏を満喫!

9月…
嵐のハワイ公演に伴いVS嵐の現地収録もやる方向に。
すると今度は東京ゲームショウとドンピシャ。
10年もやってればこんなこともある。
昨年、GCCX in 武道館がVS嵐の収録と重なり
武道館に行かせてもらったし
ここはハワイで嵐を盛り上げたいと決断。
昨年の10周年の恩を今年の15周年で返す…的な。
まあ全て自分の中での理屈ではある。かたじけない。
にしてもTGSでレジの出来ない寂しさはかなりのもの。
お客さんとお会いできる貴重な機会だったので
本当に申し訳なく思う。
その分ハワイロケの準備は念入りに。

慰労会の行われた豪華別荘…。
海に向かってぴったり5本のヤシの木が植えられていた。
…モチロン偶然。でも彼らならこれぐらいのことは当然なのかも。
ロケは五人にほぼお任せ。少し離れてひたすら観察。
五人だけのハワイの夏を楽しんでくれていた!
それだけで我々としては満足。
ここに連れてきてくれた五人に感謝。
終わってからしきりにリーダーが話しかけてくる。
こんなことは珍しい。おそらく泣いた事の照れ隠しだ(笑)
僕たちが大好きで尊敬する五人の素顔…
ハワイを通して視聴者に伝わってくれたら幸い。

10月…
映画『ジャージー・ボーイズ』鑑賞。
ザ・フォー・シーズンズの実録映画。
そもそもクリントイーストウッド監督の作品は大好きだが
“青春”“ミュージカル”“群像劇”…etc好きな要素も加わり
抑えた演出もGOOD!忘れられない作品になる。
劇中四人のイザコザや友情が人生の、
まさしく四季になぞらえて丁寧に描かれている。
そして60年代の名曲の数々…スクリーンが眩い。

観ていてふと嵐とシンクロ…。今回のハワイで
リーダーが流した涙の本当のトコロは彼ら自身しか
分からない。きっと様々な葛藤やわだかまりがあるはず。
でもそこを五人で乗り越えてきたのだ。
15周年を迎えた彼らをフォー・シーズンズになぞらえるなら
今はまさしく夏である。
これから秋そして冬をどのように辿っていくのか…楽しみ。

そして自分が50歳。
会社、番組スタッフ、家族と盛大に祝ってもらい感激。
こちらは秋のど真ん中。これから冬に向けて
様々な準備が必要であろう。

11月…
時期外れの台風が来たりで
まだ夏の名残りが残っている。
VS嵐SPがようやく放送。
多くの視聴者の方々からお礼をいただき
逆に恐縮してしまう。
演出の萬匠、そして一番頑張ってくれたチーフAD津野に
拍手を送りたい。

そして気づけばいつもより少し長い夏が終りを告げていた。


 
なんてね~(笑)


[ by: 菅剛史 ]
このページの先頭へ