KXRCEJpj[

菅剛史

ベトナム紀行①

「ゲームセンターCXinベトナム」楽しんでいただけたでしょうか?
久しぶりの海外、久しぶりのアジア…。今回はいつもに比べてスケジュールが緩やかで、さらに当番組海外ロケでおなじみの“長時間移動”もなく助かりました。

ベトナムは前から行ってみたい場所だったのですが特に料理がどれも抜群に美味しかったです。フォーや生春巻きなど安くて美味しいものがたくさん!



そして僕的なハプニングは最終日。みんなとは別行動で一人買い物を楽しんでいた時です。一人の少年が近寄ってきて僕のサンダルを指差します。
(…底が剥がれているから直すよ~)
的な事を言ってきました。これは無視するのがアジア旅行の鉄則…なんですが時間もあったしちょっと話題作りも必要か?という考えが頭をよぎります。で、OKと言った瞬間少年は仲間を呼び寄せあっという間に3人に囲まれました。
(…これはヤバい、いくら吹っかけてくるかな?)



少年は手際良く質の悪そうなゴムを底に貼りつけ仕上げていきます。約10分で完成。彼らが言ってきた値段は…
(200万ドン!)
フザケルナー。日本円で約1万円になります。仕事内容、ベトナムの物価を考えても法外な値段なのは明らか。ここから少年達と値段交渉突入です。最初に値段を決めなかったこちらにも非があるが、あまりにもヒドい値段なので払えないとキッパリ。彼らは払え!の一辺倒。緊迫した空気になります。僕は「だったら警察に言ってお互いの言い分を話そう」というとそれはNO~。ソリャソウダ。
結局4分の1→2500円までダンピングして交渉成立。それでも彼らにとってはオイシイ仕事だったでしょう。久しぶりにいい経験させていただきました。彼らのシタタカサ&交渉術は見事だったしいい勉強になりました。
これこそ海外旅行の醍醐味ですよね~。


[ by: 菅剛史 ]
このページの先頭へ