ガスコイン・カンパニー ガスコインステーション

氏  名

菅 剛史

1964年10月5日 生
血液型A型
出身地大阪
最近ハマっていること映画&ジム&外食
役職・肩書き社長&P&D&AD&父親
職務内容仕事 選ばず…
コメント

〝旅の途中で出会う仲間たち
 焚き火囲んで乾杯すれば
 明日もやれる〟
(怒髪天「プレイヤーⅠ」より)

菅剛史

九州行脚を堪能しました!

映画公開に合わせて九州新幹線に乗ろうと画策。
おそらくスタッフにはバレバレですが(笑)
先週三日間で熊本→鹿児島→宮崎→博多→小倉と移動しました。
とにかくどこの劇場でも暖かい歓迎を受けて感動です。
鹿児島のミッテ10さんはご覧のような手作りスタンディで
迎えてくれました。
 

 
僕の漢字が間違っているのもご愛嬌です!
ちなみに午前中は桜島に上陸。
相変わらず勇壮で孤高な雰囲気が良かったです。
 
  
馬刺しも地鶏も鉄鍋餃子も食べました。
どれも絶品!
今週も色々廻りますが、色々食べさせていただきます。
個人的な旅行なんで(笑)ご理解ください。
皆様劇場でお会いしましょう!


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

映画の主題歌…

番組創設メンバーの一人、元AP小林と飲んでた時。
菅「最近新しい音楽に触れてないんだけど何か俺にオススメの楽曲とかってない?」
僕の音楽的な好みを昔からよく知っているスタッフなので、ふとそんなコトを聞く。
真面目な彼女は3日後には四つほどバンド名をあげてきた。
その中に“怒髪天”が。
注釈には「恋愛というよりは労働歌」。
(…名前は聞いたことあるけど曲は知らない。面白そう…)

最初にまず ♬俺たちは明日を撃つ にどハマりして
もう全てのアルバムを貪るように聴き始めました。
ハッキリ言ってブルーハーツ以来の傾倒…。
この歳でこんなにハマるバンドに会えるとは…。

歌詞のストレートさとリズム&演歌が本当に心地良い。
毎日毎日車の中では怒髪天が流れてました。
おそらく増子さんや上原子さんと聴いてた音楽が
近いのではないでしょうか?
で、ゲームセンターCXの映画化に当たってすぐに
怒髪天を思い出しました。
引き受けてもらえるとは思ってなかったので
楽曲を作ってもらえると聞きかなり舞いあがったのを
覚えています。

♬プレイヤーⅠ
心に突き刺さる…あの頃に戻れる名曲です。
この曲が世に出るきっかけが自分だったコトを誇りに思います。
2/22(土)ぜひ劇場でお楽しみください!


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

やしきたかじんのDNA

28歳。僕がまだ仮免ディレクターだった頃、大阪のMBS「新・たかじんが来るぞ!」という番組を担当していました。視聴率に苦しんでいた時期、彼はいきなり番組会議に乗りこんできたのです。会議の進行をブッタ切って、正面からこう説教されました。
 
 
「今どきテレビなんて流して見てる…って思ってるかもしれへんけど、世の中には夜のこの番組だけが楽しみで昼間働いている人がおんねんゾ!工場のおっちゃんもパートのおばちゃんも汗水流して働いて寝る前の唯一の楽しみなんじゃ!!お前らその人達の為に死ぬ気で番組作ってんのか!!」
 
 
正論。当時でさえ誰も気恥ずかしくて言えない真っ当な正論です。でも、今でも心に突き刺さっています。僕のテレビ作りの基本ポリシー…。GCCXもVS嵐もこの心得で作っているのです。たかじんさんと仕事をした大阪のテレビマンは、多かれ少なかれこういう叱咤を受けていたのではないでしょうか?
 
30歳で上京する時、彼の所へあいさつに…。寂しそうにしながらも、
 
 
「アカンかったらいつでも帰って来て俺んとこに来い。」
 
 
ご本人は東京嫌いでしたが、行く人間はあたたかく送り出してくれる懷の深い方でした。
 
豪快で強面のイメージがあるかも知れませんが、とても繊細でとにかく視聴者目線で動いてました。彼がいなくなっても、彼のDNAは我々関西系テレビマンに宿っています。ありがとうございました。次お会いしたら少しだけホメてもらえるよう…もう少し頑張ります。
 
今夜、キタやミナミのスナックからは彼の歌が聞こえてくるでしょう…僕もどこかで歌います。最後まで歌える自信はありませんが…。


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

年末年始のガスコイン・カンパニー番組

今年も残すところあとわずか…1年間お世話になりました。
本当に思い出多い2013でしたね。皆さんに感謝。
 
さて年末年始、ガスコイン・カンパニーのスタッフが関っている番組をまとめてみました。お時間ありましたらぜひご覧下さい。
 
 27日(金) 24:25~ フジテレビ 「福嵐」(※1/12まで5回)
 
 31日(火) 9:50~ フジテレビ 「どっきり総集編」
 
      12:00~ CSフジテレビONE 「GCCX 一挙放送」
 
      23:55~ CSフジテレビONE 「GCCX 年またぎSP 10分で十分!?」
 
      24:05~ CSフジテレビONE 「GCCX in 武道館」
 
      26:05~ CSフジテレビONE 「GCCX in パリ」
 
      23:45~ フジテレビ 「ジャニーズカウントダウン」
 
 1/1(水) 8:10~ NHK総合 「2014新春!100年前からおめでとう
                ニッポンめでたい記念日」
 
     19:00~ フジテレビ 「ホンマでっか!?SP」
 
 1/2(木) 18:30~ フジテレビ 「新春 どっきり祭り!」
 
 1/3(金) 16:15~ フジテレビ 「コタツDE嵐 2014」
 
      18:00~ フジテレビ 「VS嵐 新春SP」


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

夢のような一日

一年前武道館を押さえた時から、
早く終わって欲しい…無事終わって欲しいと切に願っていました。
天候などで左右されるし、有野さんや僕らが事故や事件に巻き込まれる可能性もある。
7000人ものイベントの責任はどう取ればいいのか?
胃がキリキリしてくる一年だったと思います。

でも。
昨日20:30ぐらいの感覚は…
「あ~もう少しこの空間に皆さんと一緒にいたいな…」
でした。この一年間考えていたのと真逆です。
7000人と一体になれている共有が心地良かったです。
ですから昨夜は開放感に浸ったのではなく
虚無感に包まれていました(笑)。
それほど幸せで夢のような一日でしたね。

武道館は不思議な空間でした。
天井の高さと八角形がそうさせるのか
武道の聖地だからなのか…凛とした佇まいを見せつつ
優しく見守っていてくれる…そんな場所。
最初は空間に圧倒されるのですが慣れると落ち着く。
一見強面だが話すと気さくな魔法使いのじい様…といった感じ。
そのマジックに助けられた一夜だったと思います。

開場してからも必死でマリオの残機上げをしていたAD松井。


 
焦っているのだがどこかノホホンとしています。
沖縄人特有の大らかさがあの大舞台では頼もしく感じられました。
サポートADとして良くやってくれたと思います。
他のスタッフも本当に慣れないイベントをきちんとサポートしてくれました。
とても誇りに思います。

昨夜はお礼のツイートが数多く寄せられました。
でもこちらこそ感謝です。
主演俳優が有野課長なら助演俳優は紛れもなく
あの空間に居てくれた皆さんだったと思います。
会場にはGCCXの遠藤憲一や荒川良々や松重豊が
たくさんいてくれました。
それぞれの熱演にも感謝です。

さて来週はいつもの小さな挑戦部屋で
いつものロケです。


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

就職活動2014

先日、当社ガスコイン・カンパニーの来春採用がひととおり終わりました。今回も100名超の方に応募いただき、3回の面接を経て内定者を決めたしだいです。
 
本当に短い時間で〝人間〟を見させていただくのは難しいです。そもそも自分自身がいまだ成長過程なのに選ぶ器でもありません…。こんな小さな会社に入りたいと言ってくれるだけでありがたい気持ちです。感謝のひと言。
 
今年はいつになく悩みました。スタッフとも色々と話をして決めたのですが、それが正しいのか…何年か経ってみないと分からないでしょう。残念ながら落ちた方…でもTV業界に入っていたら、どこかで一緒に仕事をする日が来るかも知れません。その時を楽しみにしています。そして内定された皆さん、笑顔で来春来てくれるのを心待ちにしています。
 
さて来週は勝負の一週間!!


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

ADワークショップを終えて

先週金曜日、ガスコイン・カンパニーでADワークショップが行われました。昨年に引き続き二回目です。今回は11人のマスコミ業界志望の若者が参加してくれました。
 
『なぜADはすぐに辞めてしまうのか?』をテーマに僕なりに分析し、今のテレビ業界の状況も赤裸々にお伝えしました。自分の27年の経験も、実績と失敗を織り交ぜて話したつもりです。

厳しい現実を伝えつつ…それでも来て欲しい!というラブコールだったのですが、100%伝わったか自信はありません。
ガスコイン・カンパニーの来年度の採用スケジュールも決まりました。他社も選考が始まっていると思います。できうる限り多くの方にこの業界を志望して欲しい…というのが本音です。大変な現場ですが、モノを創って世界に発信し人々に喜怒哀楽を伝えられるのは、一度やったらやめられません。


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

新オフィスにて

ガスコイン・カンパニーは引っ越しました。田町→田町なのであまり変化はないのですが、オフィスは広くなりました。快適です。
 
 

昨年秋から50件以上の物件を見てまわり、皆でアレコレ意見を出しあいながら決めました。大変でしたが楽しい体験だったと思います。…と言いつつ引っ越しは当分パスしたいですが…。
 
昨日東京マラソン2013が行われ、当社の前をランナーの方々が走っていました。見ていてとても楽しかったです。
 
 
 
さて、新オフィスでどんな映像コンテンツが作られるのか?自分達もワクワクしています。
 


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

社長会

先週金曜日大阪出張時に、お世話になった大先輩2人とランチ会食…。毎日放送のTさんとMさんで、僕がAD時代、PやDだった方で手とり足とり色々な事を教わった方々です。Tさんに続きMさんも定年という事で、お時間をいただきました。
 
11:45スタートのランチはひたすらしゃべり続け、気がつけば14:00に!近況報告から思い出話まで、とりとめもなく楽しい時間でした。支払いは前回もそうなのですが、ワガママを言わせていただき、僕が担当します。これまでの恩を少しでも返させていただきました。
 
浅草キッドのお二人は毎年一回、師匠のビートたけしさんを接待するそうです。支払いは弟子…。その会を「社長会」と呼んでいて、ひたすら師匠をヨイショし続けるとか…。これまでの借りを返し、尚かつ交流を暖めるんだそうです。
 
この話を聞いて、自分もできる範囲でマネをしてやってみようと思いました。毎年はムリでも、2年に1回ぐらい機会があればやりたいなぁーと。
 
  「出会いに 照れない」
 
というのは水道橋博士の言葉。さすれば
 
  「再会にも 照れない」
 
とも言えるでしょう。同窓会の幹事なんて、昔ならカッコ悪いと敬遠してきましたが、そういう役回りならばこれからはやるべきだと思っています。
 
そして「社長会」…接待しているようでいて、結局下の人間が接待されているのかも知れません。あれだけ楽しい時間が過ごせるのですから…。


[ by: 菅剛史 ]
菅剛史

負荷をかける

今年3月からスポーツジムに通い始めました。コレステロール値が悪く(善玉が少なく悪玉多し)医者から運動を強く勧められたのです。そもそもマンションの近くに大きなスポーツクラブがあったので、いつかは始めたいと考えていました。で、このタイミングかと思いスタート。マシンも楽しいし、ウエイトトレーニングも楽しいのですが、スタジオで皆さんと一緒に身体を動かすのが一番面白いです。「STEP」や「エアロウォーキング」、そして「太極拳」までいろいろ参加しました。その中で一番自分にフィットしたのは「ボクササイズ」!!パンチやスウェーなど本当にキツいのですが、心地良い汗がかけますね。
そして仕上げは必ずランニングマシーン。これも自分の中でルールを決めていて、時間は40分~50分。最初は5kmぐらいのトボトボ歩きから始めて、少しずつスピードを上げていき、30分ぐらいで8km(走るペース)にするスタイル。その中で大事なのは最初に最もキツめの「傾斜」をつける事です。12度から始まり、少しずつ下げていきます。最初は本当に足どりも重く、〝坂道〟にヒーヒーいうのですが、ラストに0度、つまりフラットになるともう〝下り坂〟かと思うぐらい楽になります。とにかく体力がある最初のうちにかけられるだけ負担をかけてしまうのです。このスタイルが一番カロリー消化がいいし自分に合っています。
これをやりながらいつも分数を年令になぞらえて考えています。自分の年令48歳を48分に変換し、とにかくそこまで頑張ろうと。そしてそこからわざとペースを上げたりします。「まだいける…」と何となく自分の人生になぞらえつつ…。


[ by: 菅剛史 ]
ガスコインステーションへもどる
このページの先頭へ